換気システムだけではウイルスを除去できないってホント?

こんにちは!栃木県にある注文住宅ハウスメーカー 小堀建設です。

まだまだ油断ならない新型コロナウイルス。家の中にウイルスを持ち込まないよう、玄関先で上着を脱いだり手を洗ったり、さまざまな工夫をしていることと思います。
「万が一入り込んでも、24時間換気システムで常に換気しているから大丈夫」とお考えではないですか?
実は、換気システムだけではウイルスを除去できないのです。
そこで必要なのが、窓を開けることによる換気です。

風がゆっくり通るようにする
窓はただつくればいいというものではなく、その位置が重要です。
窓の大きさや高さなどを計算し、効果的な風の通り道を確保します。通風のためにはお部屋に2つ窓をつくり、風が抜けるようにしてあげると健康にもいいといわれています。
このとき、窓と窓の関係が直線上にあるのはNGわざと少しずらし、なるべく部屋の中を風が斜めに抜けるようにします
風がゆっくり通ることで、部屋の換気はもちろん心地いい風を感じることができます。

・風を取り込む工夫
風が吹く方向は、その土地によって異なります。小堀建設では土地の特性を捉え、風を捕まえて設計に活かすようにしています。
例えばウィンドキャッチャーを使って壁に平行に吹いてくる風を取り込むなどして、風が立体的に通り抜けるように工夫しています。

小堀建設の家はすべて「パッシブデザイン」の考え方に基づいて設計されています。
設備だけに頼らず、その土地の自然の力を使って快適な生活環境をつくる設計デザインです。

関連記事
「小堀建設のパッシブデザインとは?前編」
「小堀建設のパッシブデザインとは?後編」
「栃木県でパッシブデザインをおすすめする理由~健康編~」
「小堀建設は土地に合わせて設計します!」

心地よく健康的に暮らすパッシブデザイン。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。
また、各モデルハウス・コンセプトハウス・完成見学会のお宅などもすべてパッシブデザインですので、ぜひ実際にご体感ください!

モデルハウス見学のご予約はこちらから

現在予定されている完成見学会のお知らせ・ご予約はこちらから
みなさまのご来場心よりお待ちしております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。