採用情報

新卒採用社員紹介

―小堀建設を選んだ理由

上司の指導のおかげで大きな成果を
あげることができました

 大手住宅メーカーから内定をもらっていましたが、私の地元である矢板市に本社があり、評判もよい小堀建設を選びました。現場監督を希望して入社しましたが、最初はお客さまとのお付き合いを学ぶため営業部へ配属されました。1年目は先輩や上司に早く追いつきたい、追い越したいと無我夢中でなかなか結果が出ませんでした。2年目は、1年目の失敗を糧に上司のきめ細やかな指導を徹底的に実践したおかげで営業部トップの棟数をあげることができました。わからないことがあると先輩や上司によく質問するのですが、丁寧に教えてくれます。困っているときには、自分が相談する前に声をかけてくれることもあります。年齢、役職に関係ない風通しのよさが社風であり、魅力だと感じています。
 営業マンとして心がけているのは、当社の家づくりに自信と誇りを持ち、それをお客さまに真摯にお伝えすること。そしてお客さまの信頼を得るために努力を惜しまないことです。契約が取れたら終わりではなく、そこからお客さまとの長いお付き合いが始まるという気持ちを大切にしています。これからも小堀建設の確かな家づくりを多くの方に知っていただき、マイホームを建てるという人生の大きな夢をかなえるお手伝いをしたいと思っています。

営業部
渡邊 駿一
2016年入社

建築学部建築学科建築コース卒

―小堀建設を選んだ理由

誰とでも気軽に話ができる
会社の雰囲気を重視しました

 地元山形の大学で建築を専攻していました。県外就職を希望していたので、栃木県の合同企業説明会に参加したのですが、そのとき小堀建設の方から声をかけられ初めて当社のことを知りました。担当者の方がとてもにこやかで感じがよかったのが印象的でした。他社から内定をもらっていましたが、会社の雰囲気を重視していたこともあり、入社を決めました。現在はコーディネーターとしてお客さまに住宅の外装から内装までトータルにご提案する仕事をしています。
 在学中にインターンシップで設計事務所の仕事を経験しましたが、入社試験の面接や入社後にとても役立ちました。入社当時はわからないことばかりでしたが、先輩方が丁寧に指導してくれました。社内は、先輩や上司と気軽に話ができる和やかな雰囲気で合同企業説明会のときに受けた印象そのままの感じです。
 最近、担当したお客さまから手紙をいただきました。お礼の言葉とともに将来、内装を変更するときはまた担当をお願いしたいと書かれており、うれしかったと同時にお客さまに喜んでいただける今の仕事にやりがいを感じました。これからも時々この手紙を読んで初心を忘れないように心がけたいと思います。

インテリアデザイン課
佐藤 愛香
2017年入社

地域教育文化学部地域教育文化学科卒

―小堀建設で実現したいこと

いつかお客さまに感動してもらえる
家づくりを実現することです

 住宅メーカーへの就職活動をしていたとき、学校から紹介されたのが当社でした。入社を決めたのは、注文住宅を扱っている会社なので自分の考えを取り入れながら家づくりができると思ったからです。また、母校の卒業生がほぼ毎年入社しており、社長も母校のOBだったことも決め手になりました。
 現在、現場監督として住宅コストや工程管理、品質管理、お客さまとの最終打ち合わせなどを行っています。入社後、3年ほど先輩と一緒に現場に同行して現場監督の仕事を学びました。初めて一人で現場を担当したのが、普段から仲のよい社員の家でした。完成したとき、その社員から「ありがとう」と言われ、やりがいと喜びを感じました。
 一緒に働く職人さんは、ほとんどがこの業界の先輩なので、話し方や対応に気を配りながら、同時に自分のプラスになることを吸収したいと思っています。また、現場監督として他人任せにせず、何事も自分で責任を持つことを心がけています。あるとき上司に「お客さまの希望通りの家ができれば普通に満足してもらえるが、お客さまの想像を超えた家をつくらないと感動はしてもらえない」と言われました。以来、お客さまに感動を与える家をつくることが私の目標になりました。

建築部
橋本 崚
2015年入社

建築デザイン科卒