【施工事例】高級感のあるモノトーンの家~後編~

こんにちは!栃木県にある注文住宅ハウスメーカー 小堀建設です。

今回は施工事例・後編!
矢板市にお住いのKさま邸をご紹介します。

前編はこちらから♪
https://www.kbr.co.jp/blog/archives/1769

Kさまの内観へのこだわりは、ずばり「モノトーン」!
白を基調に、黒をアクセントにした、落ち着いた空間です。
また、ガラスを使用して壁を少なくするなど、開放感を意識したつくり。

当社の宇都宮市西展示場の内観をとても気に入ってくださり、そちらも参考にしています。

一つひとつのお部屋が印象に残るよう、色味をまとめながらも単調にならないよう、注意を払いました。

これらの内装は、インテリアコーディネーターがお施主さまの意向に合うよう、コーディネートさせていただいたものなんです!
高級感のある開放的な空間が、素材の質のよさを際立たせています

リビングにはカラーワークスのペイントを使用。環境ペイントを使い、安全で居心地のよい憩いの場をつくり上げました。

リビングから続く和室は、雰囲気を崩さないようモダンなデザインに。
交互に配置した微妙な色違いの畳がすてきです♪
掘りごたつで足がラクラク。老若男女くつろげる場となっています。

ラスティックな素材を使った、造作の水廻りもこだわりのひとつ。

朝日ウッドの黒色天井板は、内観の隅々までモノトーンでまとめた立役者です。

「シンプルで質のいいものを」というKさまのご要望通り、全体的に色味をおさえ、アイキャッチの部分を引き立たせる内装となりました。
また、間接照明を要所に利用することで、非常にデザイン性の高い空間に。
住居というよりも店舗のような、おしゃれなマイホームができあがりました(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。