家づくりでできる台風対策とは?

こんにちは!栃木県にある注文住宅ハウスメーカー 小堀建設です。

夏から秋にかけて気がかりなのが、台風
近年は毎年のように関東地方に大きな台風が直撃しており、地震の備えだけでなく台風の備えも怠れません

そこで今回は、家づくりでできる台風対策についてご紹介します!

瓦屋根は飛ぶ?

今はいろいろな屋根素材がありますが、やっぱり瓦屋根は人気です。
でも台風などの暴風で飛んでしまうんじゃないか?という心配もあるようで、ときどきお客さまからもご質問をいただきます。
古い瓦が飛んでしまった家などをニュースで見ることがありますから、無理もありませんね。
でも大丈夫!当社では防災瓦」を使用しています。凹凸があり隣同士で噛み合っていますし、瓦のすべてに釘を打つように規定で決められていますので、そう簡単には飛びません。

突風で家が倒れる?

小堀建設の家は、ベタ基礎が標準仕様となっています。地盤を少し掘りコンクリートを流し込んでつくる、引き抜きに対して強い基礎です。
また、アンカーボルトといって、コンクリートに埋め込むボルトを使用。基礎と家本体をしっかり固定することで、強風や突風で建物が押されたりひっくり返ったりしないようにしています。

シャッターは必要?
悪天候が心配なときは、窓が割れないように雨戸やシャッターを閉める、というイメージがありますね。
でも、シャッターをつけるおうちは減ってきているんです。
なぜかというと、窓ガラスが十分強いから!
度重なる災害によって、建築基準法はどんどん厳しくなっています。窓ガラスにも県ごとに「これだけの強さのものじゃないとNGです」という基準があって、その基準がかなりの強度なんです。
加えて、家の場所ごとにガラスの厚みを計算して出していますから、めったなことでは割れないようになっているんですよ。

実は小堀建設の家は標準仕様でこれだけの台風対策ができています
もちろん、建てる地域や部屋の目的によって「この部屋は強化ガラスにしたい」「シャッターをつけたい」などのご要望にもお応えします!
お施主さまの、オンリーワンのマイホーム。快適に過ごすため、災害への不安を軽減するため、試行錯誤して設計します。
ぜひ小堀建設にご相談ください(^^)!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。