栃木ならではの家づくり~暑さ対策編・後編~

こんにちは!栃木県にある注文住宅ハウスメーカー 小堀建設です

今回は、栃木で家を建てるうえでの暑さ対策・後編です!
前編はこちら(https://www.kbr.co.jp/blog/archives/1691

卓越風を計算し、風が通り抜ける家に

小堀建設が得意とする設計に、「パッシブデザイン」があります。
パッシブデザインとは、自然エネルギーを活用し、快適で省エネな家をつくる建築設計のこと
窓の位置や高さ、風が吹き込む方向、光が差し込む角度などを計算して、「冬は暖かく、夏は涼しく、風が通り、昼は自然光で明るい」家づくりをしています。

小堀建設では、エアコンをつけなくても窓から涼しい風が入ってくるように、栃木県特有の卓越風を考慮して窓を配置しています。
また、天窓をつけて熱い空気を逃がすなど家全体の風の流れを計算し、トータルでデザインしているんですよ。

日射量を調節

栃木県は、地域にもよりますが、日照時間が長くて夏の日射量がとても多い土地。
家が暑くなる原因のほとんどは、窓から差し込む日光です

当社では夏の日射を防ぐため、南側の軒を深く出すご提案をしています。高さに対して30%くらい出すと、夏の高い陽は室内に入ってきません。
「冬はお日さまが入ってこないから寒いのでは……?」という心配はご無用!
冬の陽は低いですから、窓からしっかり入る設計になっているんです。

夕立で慌てない!

暑さ対策ではないですが、夏の困りごとを解決する設計をひとつご紹介。
それは、ランドリールームの場所です。

栃木県の夏は特別天候が変わりやすく、さっきまでカンカン照りだったのに夕立でどしゃ降りの雨が……(ToT) ということが少なくありません。
雨が吹き込みやすい方角を計算して、急な雨でも慌てなくて済むようにランドリールームをつくっています
また、軒先を深めに出して、横殴りの雨でも吹き込まないように設計するなど工夫をしています。

小堀建設の家は、地元の気候を知り尽くした、地元密着のハウスメーカーだからこそできるデザイン!
「土地と共に永く暮らすたいせつなマイホームだから、快適に過ごしていただきたい」という想いがつまったデザインなのです(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。