ヒートショックを防ぐ家づくり~高気密・高断熱・パッシブデザイン~

こんにちは!栃木県にある注文住宅ハウスメーカー 小堀建設です。

「栃木県は朝晩と日中の寒暖差が激しい」とうお話を、以前こちらでいたしました(「栃木県で冬、寒くない家にするためには?」https://www.kbr.co.jp/blog/archives/1933)。

なんと、栃木県は室内での冬季死亡増加率が日本一
これは明らかに寒暖差の激しさが影響していると考えられます。

ヒートショックは、大きな温度差にさらされることで体に大きな負担がかかり、体調を崩したりショック状態に陥ったりすること。さまざまな疾患を引き起こします。
心疾患や脳血管疾患は気温による影響度が大きいとされていますが、栃木県はこれらによる死亡リスクが日本一なのです。

命の危険を伴う大きな温度差。ヒートショックを防ぐ家とは、どんな家なのでしょうか?

 

■断熱性能を上げる

健康に暮らせる家づくりには、断熱が欠かせません。
北海道や青森といった北の国は一日中寒いので、家の中はいつでも暖かい状態をキープしています。
室内での寒暖差が少ないので、死亡増加率も低いんですね。
小堀建設は県の基準値を超えた断熱材を用いることで、外気温に左右されない家づくりを行っています。
さらに気密が高い家にすることで、断熱材によって保たれている暖かい空気を逃がさないようにします。
高気密・高断熱の家は大きな気温の差をなくし、ヒートショックを防いでくれるのです。

家の断熱性能が上がるほど、気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎冷え性アレルギー性鼻炎といった慢性疾患が改善する傾向にあるという研究結果も。
まさに「家族の健康を守る家」ですね。

 

■断熱材を強化する場所

ヒートショックが起こりやすいのは、脱衣所やお風呂場だそう。
そのため、当社では脱衣所の断熱材を強化するご提案をしています。
また「底冷え」という言葉があるように、寒さは下から上がってくるため、床の断熱材を強化。部屋を冷えにくくする工夫です。
ほかにも、窓の位置や高さなどを計算して低い冬の陽光を取り入れやすくしたり、東西南北で窓の種類を変えたり。
パッシブデザインや素材の特徴を考慮した設計で、寒暖差の少ない家づくりに取り組んでいます。

ヒートショックは対策することで防げます!
ご関心のある方は、ぜひ小堀建設にご相談くださいね。
みなさまのご来場をお待ちしております(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。