小堀建設と職人さんとの強い絆

こんにちは!栃木県にある注文住宅ハウスメーカー 小堀建設です。

初めてマイホームを建てる方には、「建設会社と職人さんの関係がいまいちよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。
職人さんは建設会社の社員なの?それとも下請け業者?
いえいえ、小堀建設と職人さんの間には、持ちつ持たれつの強い絆があるのです!

職人さんあっての家づくり
当社は注文住宅を請け負うハウスメーカー。
住宅の設計・建築デザイン・内装インテリアなど、家に関することならすべてご相談いただけます。
そして、実際に家を「つくる」のは、大工さんをはじめとした職人さんです。
小堀建設は約70組もの専属大工さんと長いお付き合いをさせていただいており、その腕は一級品!
注文住宅は決まった形がなく、実にさまざまな施工が組み合わさってつくられます。
毎回異なる設計に対応できる確かな技術力がないと、住みやすい家は建ちません。
職人さんに支えられて小堀建設があるといっても過言ではない大事な大事なパートナーなのです。

実は、小堀建設がここまで大きくなった理由のひとつが、「腕のよい職人さんを守るため」。
いくらいい家でも、高額すぎるとお客さまに選ばれない。とはいえ職人さんへの支払額を減らしたくない。
そのためには会社を大きくして大量仕入れなどでコストを削減し、「かけなくていいお金を削って、かけるべき部分にしっかりかける」必要があると感じたからなのでした。

大工さんを育てる試み
一方で、高齢化によって腕のよい大工さんが少なくなっています。
小堀建設の施工は技術がないとできないので、これは危機的状況。
そこで若い大工さんを社員として迎え、高度な技術を身に着けてもらうべく教育・育成に乗り出しました。
まだ始めたばかりで人数が少ないのですが、これからどんどん増やして腕のいい職人さんを育てていけるよう、日々試行錯誤しています(^^)

当社は現場でのお打ち合わせも多いので、職人さんとの関係性がとても大切。
職人さんからお客さまをご紹介いただいたり、マイホームの建設を当社に任せてくださったりすることも多く、職人さんも小堀建設を信頼してくださっているのだなと実感します(^^)

お互いに持ちつ持たれつの強い絆、これからも「三方よし※」の経営で、確固たるものにしていきたいです!

※代表取締役社長あいさつ「三方よしの100年企業を目指します」
→(https://www.kbr.co.jp/company/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。