住宅の効果的なカビ対策とは?

こんにちは!栃木県にある注文住宅ハウスメーカー 小堀建設です。

爽やかな初夏の風が心地よい5月が過ぎ去ると、空気もだんだんと湿気を帯び、梅雨が近づいてきますね。
梅雨の時期に頭を悩ませるのが、湿度問題
家の湿度は高すぎても低すぎても快適に暮らせませんが、湿度が高くなるとカビの発生が気になってきます
そこで今回は、マイホームのカビ対策についてご紹介します!

風通しのいい間取りで湿気対策を

小堀建設の家はパッシブデザイン。
パッシブデザインとは、風や太陽光といった自然エネルギーを上手に採り入れ、快適に暮らすことを目的とした設計手法のことです。
自然の風を家の中にうまく通すことができれば、機械に頼らずに換気ができ、しかも心地いいんです!

具体的には、
・「通風のための窓面積基準」を参考にして、断熱性を損なわずに風通しがいい窓の位置・大きさを設計する
・ウィンドキャッチャーを利用して、壁に平行に吹いてくる風をつかまえて室内に採り入れる工夫
などのデザインを採用しています。
詳しくはHPをご覧くださいね(→https://www.kbr.co.jp/spec/passive.php

樹脂スペーサーで結露しにくく
窓が結露すると、カビ発生の大きな原因になります。
結露防止に大きな役割を担っているのが、スペーサーと呼ばれる部分。複層ガラスの中空層に設置されているパーツです。

樹脂は熱伝導しにくい素材なので、スペーサーを樹脂にすることで窓の断熱性能がぐんと上がり、結露しにくくなるのです。
小堀建設は、樹脂スペーサーを使用した窓を採用しています!

調湿壁材「さらりあ~と」

小堀建設の家づくりは「適材適所」がモットー。
特にカビが発生しやすい脱衣室やランドリールームには、湿気を調節してくれる「さらりあ~と」という素材をおすすめしています。
室内干しでもさらっと乾き、じめじめせずに快適なんですよ。

窓や壁材、天井材などについても、資料を交えてわかりやすくご説明いたします!
お気軽にご相談くださいね(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。