造作家具の打合せ

皆様、こんにちは。

昨日、家具工事の打合せを行いました。家具といいますと皆様は「東※インテリア」や「大※家具」「二ト※」等で売っている家具を連想されると思いますが、今回は造作家具です。完全にオーダーですので全てが自由に出来ます。置き家具とは違い建物に固定されるものが中心です。例えば「下駄箱」「エアコン内蔵収納家具」
「食器棚とクローゼット・物入が一体になったもの」等、自由な発想で作れます。その分打合せも大変です。

材種は5㎜ぐらいの板を使用し箱状の板を作り、形にしていきます。要はフラッシュ建具と同じ要領です。市販の安価な家具はこの構造が多いです。もう一つは無垢板です。こちらで作成するとものすごく高価になってしまいますので、必要に応じて使用します。例えば下駄箱の扉や天板等です。

5㎜の薄い板も色々種類があります。まずはポリ板。ベニヤにシートが貼ってあります。種類が大変豊富で安価です。欠点は表面の強度が弱い事と柄によってには(特に木目)は安っぽさがでてしまいます。

裏は合板です。

次に突板貼りです。基材はポリと同じベニヤですが表面は本物の木をスライスしたものが貼ってあります。質感は木の本物感が増します。無垢の代替え品のような感じでしょうか。こちらも市販家具でも使用されます。

こちらはタモの突板です。

最後にメラミン樹脂です。プラスチックのように固く、水にも強く耐久性があります。また木目もポリ板より質感が高いです。欠点はそのままでは使用できません。裏にベニヤ等が貼っていないので、この作業分手間が掛かります。このように裏は何も貼ってません。

 

打合せ内容は、デザイン、寸法、色、使用する金具・硝子、製作方法、取付方法
です。家具業者さんとの打ち合わせは今日で2日目です。ほぼ決まった感じです。あとは図面を修正し、色の再確認して製作に入ります。 今回は色々、凝っています。出来上がりが非常に楽しみです。

この辺で終わりにしたいと思います。次回もご期待ください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。