会社案内

代表取締役社長あいさつ

三方よしの100年企業を目指します

わが社は創業以来、お客さまをはじめ地域社会に支えられ、地場産業No.1と言っていただけるようになりました。
足元を見ればまだまだ問題課題ばかりですが、お蔭さまで創業以来、40期連続黒字経営で順調に推移し、現在、第2創業期として私が舵取りを託されています。
これからも驕ることなく、少数精鋭の個が輝くプロフェッショナル集団として社員一丸となり、誰にも負けない努力でさらなる発展を目指します。
 
「古くして古きもの滅ぶ 新しくて新しきものまた滅ぶ 古くして新しきもののみ永遠不滅」
人も組織も成長するためには、変化を生み出し続ける工夫が必要です。
極端な言い方をすれば、業界の常識の外に未来がある、過去の延長線上に未来はありません。
成功の延長線上を歩むのではなく、あえて“ゼロ”の環境に身を置く、リセットする。
そうすれば自分の思いに共鳴してくれる熱い仲間が集まり、その後の成長スピードをさらに加速させることができます。
成長のためにあえて変化を選ぶ、永続するためにあえて挑戦する。
変化を求めてゆくその先には「分からないこと」や「難しいこと」、艱難辛苦が必ず待ち構えています。誰もが達成できることに挑戦していては、その業界においてNo.1になることはおろか、お客さまの満足を最高域にまで高めることはできません。新しい未来のためのプラットホームを作るのが我われの使命であり、それをしないと生き残れない、困難なテーマにこそチャンスがあると信じています。
 
「家を建てること」や「建物を建てること」は、人生における大きな局面です。その真の目的は、「家族が仲良く、穏やかで、人生を楽しく豊かに生きること」にあります。それだけに多くのお客様は、自身のかけがえのない命を担保に莫大な借金を背負います。そのような切ない「念い」を託してくださるお客様に、私たちも命をかけて応えなければなりません。
「社会に付加価値を生み出し、オンリーワンとなって勝ち続ける」
私たちにとって最大の競争相手は同業他社ではなく、絶えず変化してやまないお客さまの
「念い」なのです。本物のOnlyoneとは、その業界でトップになった時であり、トップを目指す熾烈な過程の中で実現できるものだと信じています。

かつて明治時代の日本では、近代国家建設という共通の目的に向かい、各分野の若き精鋭がそれぞれの持ち場で200%以上の力を出し、新たな時代を切り拓きました。
また戦後には「日本再建」という志を胸に、何もない焼け野原から数多くの世界的企業が生まれました。
このような時代では、日本全体が創業期のベンチャー企業のスピリットを持っていたと言えます。そして今、かつての日本のように世界を引っ張って行くことができるようなベンチャー企業が生まれ、この閉塞感を打ち破るべき時が来ています。

トップとして創業者から受継ぐ使命は、生業・家業を企業へと成長発展させ、「建設業からサービス業へ」という意識改革を行い、三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」の経営を踏襲していくことであると確信しています。
そしてこれまでの社歴に恥じない新しい歴史をつくり、経営理念「小堀建設と関わるすべての人を幸福にする」を座標軸に、変革を恐れず新しいことに挑戦し続けます。

先代から積み上げられた社歴を考えれば、まだまだ私自身の努力は足りませんが、この小堀建設をつくり受け継いできた人たちが、いつか我は小堀なりと誇れるよう、そのために私自身がより良い職場環境をつくり続けなければなりません。
今こそ創業の精神に立ち返り、蓄積した体験という名の叡智を結集させ、不可能を可能にし、全社をあげて次の節目である50年を目指して頑張ってまいります。
そして社員を始め、協力業者さま、お客さま、皆さんの力をお借りしながら、お一人おひとりが主役の会社を創り、毎日がワクワク・ドキドキするような夢のある会社を、100年続く企業を、日本一の会社を、共に創ります。

株式会社小堀建設
小堀彰久