進捗状況(宇都宮西展示場)

皆様、こんにちは。
工事は着々と進んでいます。今日は屋根断熱・ブローイング工法と外壁をご紹介いたします。こちらは勾配天井の屋根断熱です。まず屋根合板に通気スペーサーを付けます。ベニヤと断熱材の間に隙間を作るために付けます。(写真の白い部分です。)ここを熱い空気が流れ棟換気に放出されます。理屈は屋根裏換気と同じです。
次に天井骨組みにネットを貼ります。
ネットにホースを差し込み断熱材を吹き込んでいきます。この材料はウレタンやアクアフォームの様な泡状の物ではなくグラスウールを細かく裁断したものを風力で挿入していきます。北海道ではポピュラーな工法です。
このように隙間なく吹き込みます。この後防湿シート+プラスターボードを貼り出来上がりです。
ちなみに平らな天井の時は天井に乗せる感じになりますのでフワッと吹き込みます。密度が異なりますので平らな時は厚みを増します。
外壁も始まりました。こちらは軒天下地です。
こちら展示場の外壁はALC+タイルです。ALCとは軽量発砲コンクリートの意味です。厚みが37㎜ありますが水に浮きます。多孔質なので耐火性能と防音性能が非常に高いです。火事でほぼ全焼し、躯体とALCだけが残る風景を見たことがあります。また(住宅で1番多いサイディングは16㎜です。)厚みがあるので重厚感あります。無塗装品なので塗装は現場吹付になります。選ぶ塗料によりだいぶ感じが変わります。

外壁の選定はかなり迷ったそうです。サイディングはありふれているし、塗材(左官塗材)は何回も使ったので少々飽きた。そこで他社さんではあまり使用しないALCになりました。(本家は旭加化成さんですが・・・。)当社は昔、サイディングがあまり普及していなかったころはALCが標準仕様でした。現在は種類の多さと価格の安さが魅力でサイディングを多く採用しています。ALC+高価な吹付材で仕上げますとサイディングには出せ無い高級感がありなかなか良いものです。吹付が楽しみです。

今日はこの辺で終わりにしたいと思います。次回もお楽しみに。

 

進捗状況(CRT宇都宮西展示場)

皆様、こんにちは。
現場は着々と進んでいます。

先週、屋根工事が終わりましたので太陽光パネルが
乗りました。

木工事は断熱材入れが行われています。
こちらは室内側の充填中。このモデルはアクリアウールαを使用しています。シートは別施工になります。通常は袋状のシートに入ったものを使用しています。
次に防湿シートを貼ります。デユポン社製の可変タイプです。要は夏の逆転結露を防止してくれるシートです。
外断熱も終わりました。この続きの作業は外壁屋さんです。これだけ断熱すれば相当エアコンの電気代が相当節約できそうです。
電気や空調工事も同時に進行しています。こちらは天井吹出口のダクトです。
ヒッコリーの床板材を天井に貼りました。米松化粧梁との色相性良くいい感じです。

次回もお楽しみに。

撮影日和☀

みなさんこんにちは。

今月末矢板市と塩谷町で完成見学会を予定しています。

見学会準備も折り返し地点。

今日は折り込みチラシ用の写真撮影を

行いました。

カメラマンはいつも撮影をお願いしている

渡さんです。

渡さん的には「ちょっと天気が良すぎです」と

いうくらい良い天気でした。

 

ぜひ実物の建物をご覧ください。

たくさんのご来場をお待ちしております。

 

☆★Happy Halloween★☆

みなさま こんにちは。

ハロウィンの時期ということで、

飾りつけをしました!!

実はこのハロウィンツリーのどこかにゆめちゃんがいます。

 

わかるかな…??

 

 

⇩⇩答えは⇩⇩

 

 

 

 

ジャック・オー・ランタンの中に入っていました^^

 

 

、、、ちょっと似てる??

 

最近肌寒くなってきているので、

みなさま 体調管理にお気をつけて!

 

進捗状況(CRT宇都宮西展示場)

皆様、こんにちは。
現場は着々と進んでいます。
今日は、屋根についてお話しします。よく「屋根から雨漏れしてしまった!」と言いますが、実際は瓦の平らなところではまず雨漏りしません。実際は壁と屋根の接合部が多いです。今回のモデルは屋根に壁が刺さったデザインになっています。この部分ハイリスクになりますので慎重な施工が必要です。

通常は防水紙と板金で施工しますが今回はFRP防水を施し、さらなる防水強化をしました。これなら万が一防水紙や板金の裏に回り込んでも雨漏りしませんし
木材も守ります。

さらにルーフィングも2枚重ねです。

当社では小屋裏の熱気対策に棟換気を使用しています。更にルーフィングも遮熱タイプにしています。(一部、採用出来ない仕様があります。)

出来上がりです。

外貼り断熱材も始まりました。
今回はダブル断熱(外、充填の併用です。)です。

今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

次回もお楽しみに。

 

今年もやってまいりました!

住宅フェアーーーー!

マロニエ!
マロニエ!

明日と明後日の二日間です。
今日はそのための準備ですよ。

本当に年々凝ってきているような…
日曜日にこれを壊すのが何とも言えなくて…

「破壊とは創造の第一歩である」
そんな簡単な言葉ではありませんが、
そんな感じかな(笑)

ドカンと完成!

家具や小物を並べましてー

ババンと完成!

今年は芸人の「紺野ぶるま」さんが来るようです。
過激ななぞかけが得意な彼女
さすがにこのネタは住宅フェアではやらないと思いますが…

小堀建設のブースでは、
アンケートにお答え頂いた方に、
旬のりんごや梨をプレゼントする予定です(数に限りがございます)。

はっ!
整いました!

「アンケート記入の際の注意事項」とかけまして
「お寺のことを良く思っていない人」とときます。

その心は…

どちらも「じゅうしょくうらんでは」いけません。

 

おしまい

材料・塗装サンプル(CRT宇都宮西展示場)

皆様こんにちは。今日は材料のお話を少ししたいと思います。
通常の家に使用する材料は既製品が主体なので、色サンプルは材料メーカーさんの選択の範囲で選びます。高額な建物になると特注品・オーダー品の材料を使用します。凝った内装になりますとどうしても既製品では色・形状が対応しきれません。展示場も高額物件のランクになりますのでオーダー品がほとんどです。

まずは造作家具や洗面化粧台に使する天板です。今回は大理石を使用します。種類も豊富で迷います。本物は味があっていいですね。後でコーディネーターさんに選んでもらいます。

 こちらは造作材とフロアーの色・艶の確認です。上はヒッコリーの床材、タモ・オークの練付造作材です。自然塗料クリヤー塗装ですが塗料メーカーによって色の出方がかなり違います。その確認です。
下の板は着色の濃淡確認です。オーダー品での塗装は必ず試し塗装をし、確認します。

こちらは和室造作材と床です。
床材はなぐり加工が施されています。形状と塗装の艶感の確認です。
部材設計はほぼ完了しました。今回、塗装まで確認しましたのでこの後、製作に入ります。全部出来るまでは約2~3週間です。出来上がりが楽しみです。
今日はこの辺で終わりにしたいと思いおます。次回もお楽しみに!

進捗状況(CRT宇都宮西展示場)

皆様、こんにちは。
現場は着々と進んでいます。

バルコニー下地製作中です。合板の上に不燃材を貼ります。バルコニーはある意味屋根になりますので不燃材を貼らなくてはなりません。

ルーフィングは遮熱タイプを使用しています。赤外線を反射させ小屋裏の温度上昇を抑えます。

鉄骨階段も付きました。

今回は基礎断熱+床下エアコンです。床下一面にフェノールフォーム断熱材を貼ります。ジョイントにはコーキングを施し密閉状態を作ります。この作業が完了すると合板を貼っていきます。今日はここまでです。次回をお楽しみに。

 

中学生によるインターンシップ体験

中学生によるインターンシップが最終日を迎えました。

3日間実際の現場で職業体験をしてもらっています。

今日は、設計業務。本人も建築士を目指しているとの事なので短い時間ではありますが楽しんで行ってもらえれば何よりです。

将来を期待しています。

機会があれば小堀建設に就職なんてことも…(^^♪

屋根出来ました(CRT宇都宮西展示場)

皆様、こんにちは。
建方は1日では終わりませんでした。坪数が大きいので結局2日掛かりました。

1日目はここまで。

通常、50坪を超えると2日掛かります。(人数にもよりますが・・・)

2日目は小屋組みです。今回はロフトがあるので登梁で構成します。

屋根組完了です。

次回は床下の工事です。㊙の空調システムも公開!
お楽しみに!