進捗状況(CRT宇都宮西展示場)

皆様、こんにちは。
現場は着々と進んでいます。
今日は、屋根についてお話しします。よく「屋根から雨漏れしてしまった!」と言いますが、実際は瓦の平らなところではまず雨漏りしません。実際は壁と屋根の接合部が多いです。今回のモデルは屋根に壁が刺さったデザインになっています。この部分ハイリスクになりますので慎重な施工が必要です。

通常は防水紙と板金で施工しますが今回はFRP防水を施し、さらなる防水強化をしました。これなら万が一防水紙や板金の裏に回り込んでも雨漏りしませんし
木材も守ります。

さらにルーフィングも2枚重ねです。

当社では小屋裏の熱気対策に棟換気を使用しています。更にルーフィングも遮熱タイプにしています。(一部、採用出来ない仕様があります。)

出来上がりです。

外貼り断熱材も始まりました。
今回はダブル断熱(外、充填の併用です。)です。

今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

次回もお楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。