建方(上棟)始まりました(CRT宇都宮西展示場)

皆様こんにちは。
9月28日より建方作業が始まりました。よく「上棟しました。」と言いますが「上棟」とは棟木(屋根三角の頂点に付く横に使用する材料)が取り付く事を
上棟と言いますので厳密にはまだ上棟されてません。建方とは構造材(柱、梁、桁、母屋、棟木)の組み立てる作業の名称です。

大工さんは8人で行います。50坪以下ぐらいは1日で上棟します。今回は大きな建物です。延床で73坪。施工面積で84坪あります。昔、大きな2世帯住宅等をよく見かけましたが、最近は少なくなりました。消費税が上がるたびに減っている気がします。

10時で2階床梁まで進みました。この後は「羽子板ボルト取付」→
「屋起こし・建物(柱)を垂直に調整する作業名称です。」→「仮筋交い設置・屋起こしで調整した柱を仮固定する作業です。」→「2階床合板張り」→「2階柱建て」→「2階小屋梁取付」と進みます。

17時になりましたので、そろそろ終了です。小屋組・屋根は月曜日に行います。展示場は土曜・日曜・祝日の音が出る作業は原則禁止されています。ちょうど台風が土日曜に来ますので、工事関係者から見れば平日に来なかったのでラッキーです。(お出かけ予定の方には申し訳ありませんが・・・・。)

次回をお楽しみに。さようなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。