材料下見の為、新木場へ(CRT宇都宮西展示場)

皆様、こんにちは。
昨日は、材料の下見・選定の為、東京都新木場へ行ってきました。

ここにある物全部突板です。
始めに訪れたのは東京木材企業(株)さんです。創業昭和3年の老舗です。
今回は造作材の製作をお願いしました。まずは造作材に貼る突板の確認です。突板とは板を薄くスライスしたものです。これをベニヤ板や集成材に貼り製作します。ここには世界中から突板が集められており常備100種類以上あります。1点の数量は少ないですが、品揃えは自信があるそうです。

こちらはオーク節有と節無しです。
最近は節有がよく出るそうです。カフェ等店舗でよく使用されます。今回のモデルはラスティックのフローリングを貼るエリアが有ります。ここで使用しようと思っております。

こちらも老舗です。

次にテーブルの材料を見に行きます。ご近所の鴨川商店さんです。こちらの板を使用し東京木材さんに製作をお願いします。
鴨川商店さんは、世界の木材や国内の非常に高価で珍しい木材がたくさんあります。日本でも5本の指に入る規模です。木場で唯一海で貯木している会社です。なぜ海で貯木するかと申しますと、木材の材質が変わりにくくなり乾燥による割れ、虫害・菌害などを防止してくれます。また長期間の保存にも適しているなどの理由から水面に貯木されているのです。昔は、海一面に浮かんでいたそうです。

早速、材料を見てみましょう。今回使用する材種は栗です。


寸法を確認したり、カット位置、木目の入り方、使用する向き等を確認します。
(選んだ板は秘密です。オープンしましたら是非、ご来場ください。)

ここに来るといつも珍しい材料に会えます。

こちらは黒柿です。製品の柱は見たことありますが板を見るのは初めてです。匂いが強烈です。

こちらは神大杉。教科書には出てきますが本物を見るのは初めてです。

今日はこの辺で終わりです。

次回をお楽しみに。

 

 

基礎完了・CRT宇都宮西展示場

皆様、こんにちは。
今日は脱枠です。

昨日の大雨で雨水が溜まっています。これ、コンクリートにとっては非常に良い事なのです。コンクリートは乾いて固まるのではなく、水との化学反応で固まります。この反応は約4週間続きます。夏場でもすぐに型枠を外さないのは固まるのを待つのではなく、初期段階で水分不足にならない為でもあるのです。すぐ外してしまうと乾いてしまい、水との化学反応が予定していたものより少なくなってしまい強度が出ません。コンクリート打設後に散水している光景をよく見ますが同じ理由とクラック防止です。コンクリートと水は非常に重要な関係なのです。

この後、掃除・埋め戻し・玄関土間コンクリート打設をして完了です。

次回もお楽しみに。おしまい。

今日は型枠組みです(CRT宇都宮西展示場)

皆様こんにちは。
今日は型枠組です。一緒にアンカーボルトも設置します。

昔(数十年前)は打設しながら、若しくは打設後、固まる前に入れていました。打設しながらでしたらまだ良いですが、固まり始めに入れるのはNGです。今ではどこの会社も禁止していると思います。まあ、昔と違って今は本数が多いので、後からではでかえって非常に大変です。入る所は土台の端部、耐力壁柱の
脇、土台のジョイントが基本です。後は大きな開口サッシの中央に入れておくと土台のむくり防止になります。(位置は図面に記載されているので、図面を見ながらチェックします。)

先に入れると、自分のペースで位置や本数のチェックが出来ます。当然高さも
正確に設置します。打設しながらのチェックは無理ですよね。

本日はこの辺で終わりにします。さようなら。

 

 

鉄筋工事完了です。(CRT宇都宮西展示場)

皆様こんにちは。

昨日、鉄筋工事が完了し今日は鉄筋検査です。

綺麗に組みあがりました。

鉄筋はコンクリートに埋まってしまうと目視出来ないところですので、大切な検
査です。ここで主なチェック項目をご紹介します。

①②

 

始めに①スペーサが適切に入っているか。地面の砂利から鉄筋の距離は6㎝以上取らなけれんばなりません。その為に使用する材料です。1.1m以内に入れます。

次に②③鉄筋の間隔です。当社は縦筋・スラブ筋共15㎝間隔です。20㎝で施工している会社もあります。当社は結構鉄筋量が多いです。

次に④⑤継ぎ手の補強筋です。鉄筋は必ずジョイントがあります。ここに1本沿わし、補強します。検査では重なる長さをチェックします。④⑤

次に定着です。⑥⑦縦筋が土間筋に入り込みますが入り込む長さをチェックします。

⑥⑦

最後に⑧⑨開口補強筋が適切に施工されているかチェックします。

その他は鉄筋が部屋寸法と合致しているか、抜けているところが無いかチェックします。検査の合格を経てコンクリートの打設になります。

今日はこの辺で終わりです。さようなら。

鉄筋工事が始まりました。(CRT宇都宮展示場)

皆様こんにちは。

現場の進捗ですが、鉄筋工事が始まりました。

展示場は工期が無いので大人数で作業を進めます。

いつもより早く進むので現場に行くのも気分が良いです。

住宅の鉄筋はある程度、工場で加工して来る事が一般的に多いです。

マンション等RC構造の建築物とは違い、住宅は細かい曲げ加工が多いため

現場での加工は非効率です。「工場加工が困難な時」「加工コストが高い時」

「かえって作業効率が悪くなる」時などは現場加工で行います。

このようにある程度出来上がった状態で現場に搬入されます。

今度の火曜日に鉄筋工事完了予定です。

次回をお楽しみに。それではさようなら。

 

造作家具の打合せ

皆様、こんにちは。

昨日、家具工事の打合せを行いました。家具といいますと皆様は「東※インテリア」や「大※家具」「二ト※」等で売っている家具を連想されると思いますが、今回は造作家具です。完全にオーダーですので全てが自由に出来ます。置き家具とは違い建物に固定されるものが中心です。例えば「下駄箱」「エアコン内蔵収納家具」
「食器棚とクローゼット・物入が一体になったもの」等、自由な発想で作れます。その分打合せも大変です。

材種は5㎜ぐらいの板を使用し箱状の板を作り、形にしていきます。要はフラッシュ建具と同じ要領です。市販の安価な家具はこの構造が多いです。もう一つは無垢板です。こちらで作成するとものすごく高価になってしまいますので、必要に応じて使用します。例えば下駄箱の扉や天板等です。

5㎜の薄い板も色々種類があります。まずはポリ板。ベニヤにシートが貼ってあります。種類が大変豊富で安価です。欠点は表面の強度が弱い事と柄によってには(特に木目)は安っぽさがでてしまいます。

裏は合板です。

次に突板貼りです。基材はポリと同じベニヤですが表面は本物の木をスライスしたものが貼ってあります。質感は木の本物感が増します。無垢の代替え品のような感じでしょうか。こちらも市販家具でも使用されます。

こちらはタモの突板です。

最後にメラミン樹脂です。プラスチックのように固く、水にも強く耐久性があります。また木目もポリ板より質感が高いです。欠点はそのままでは使用できません。裏にベニヤ等が貼っていないので、この作業分手間が掛かります。このように裏は何も貼ってません。

 

打合せ内容は、デザイン、寸法、色、使用する金具・硝子、製作方法、取付方法
です。家具業者さんとの打ち合わせは今日で2日目です。ほぼ決まった感じです。あとは図面を修正し、色の再確認して製作に入ります。 今回は色々、凝っています。出来上がりが非常に楽しみです。

この辺で終わりにしたいと思います。次回もご期待ください。

 

 

 

 

 

確認申請降りました

皆様、こんにちは。ようやく確認申請が降りました。展示場なので消防署での審査があり時間が掛かりました。

早速、本日は丁張(遣り方)です。この作業は建物の位置を出すための仮設物で、木の柵のようなものを作ります。これを利用し基礎工事業者さんは基礎を施工します。この作業を間違えると建物の位置や高さを間違える事に直結します。「仕事は間違えて覚えるものだ!」なんて言うセリフもありますが、この作業に関しては当てはまりません。
まず、地縄(建物の外郭に合わせて地面に張った紐(縄))より数十㎝離して杭を打っていきます。(基礎作業に支障が無い距離を離します。)

当社は大工さんが施工します。

次に杭すべてに同じ高さで印(墨)を付けます。高さは型枠より数センチ高い所に出します。ここで登場するのがオートレベルです。

昔は、高価なものなので使用出来ませんでした。(今でも安くはありませんが。)

設定した高さになると音で知らせてくれます。

次にこの印に合わせて貫(板)を打ち付けます。

最後にこの抜きに建物位置を印(墨だし)します。

ここで登場するのがトランシットです。直角を出す機械です。

貫の全てに建物位置の印を付けて完了です。
私は古い人間なのでどうも機械頼りがダメで、建物の外周に合わせて糸を張り対角線を測り最終確認します。
来週より基礎工事です。次回をお楽しみに。

 

 

心のファインダー

みなさま
こんにちは

今日は9月8日、9日の完成住宅見学会に向けて
現場撮影を行ないました。

パシャ

確認。

みんなで確認。

もちろん外も撮る。

 

今回の見学会は初の5会場同時開催!
見どころ満点の見学会になってます。

写真だけじゃ物足りないよ!
って方はぜひ遊びに来てくださいね!

ここで見学会川柳!

見てくれた
そんなあなたに
オートフォーカス(字余り)

おしまい

プレカット加工打合せ

皆様こんばんは

昨日の雨すごかったですね。皆様は大丈夫でしたでしょうか。昨晩は遅くなってしまったので本日の入力になってしまいました。
昨晩はプレカット加工(構造体の加工)の打合せを、私(現場監督)と大工さん・材木業者さん・プレカット工場の図面入力担当者さんと行いました。
当社の担当設計社員が設計した図面を加工するにあたり細部の打合せや材料の
種類の確認等行います。(意外と他社さんは構造設計を自社で行いません。自分も転職で入社した時びっくりしました。)

※構造の図面と意匠の図面の両方を見ながらチェックします。

具体的にほんの一部ご紹介します。

①床補強が必要なところは無いか
②大工さんの作業性や、出来上がった時の意匠性に問題は無いか
(数センチ移動させる事もあります。)
③特殊な加工方法や金物の確認
④化粧材や構造材の種類
⑤鉄骨との取り合い
⑥実際に組む時(上棟)に問題は無いか(梁の掛け方)
⑦平面・立面・断面図や意匠との整合性

等々・・・・細部に渡って打合せを行います。

難易度が高い建物ですと軽く2時間は過ぎます。

※プレカット工場の担当者さんは責任重大です。ちょっとした入力ミスで建物の材料が無駄になってしまいます。

今回は展示場ですので細部のデザインが凝っています。
今日、再チェックをしていたら追加加工してもらいたいところが出てきました。

上棟が楽しみです。

おしまい。

 

 

 

タイルが売切れ続出!

皆様 こんばんは。

展示場の確認申請もそろそろ降りそうなので材料の準備をします。大工さんが最初に使用する材料や制作に時間が掛かる物から準備します。今日はサッシ窓枠と床見切りです。窓枠は壁にタイル等を貼ったり、石膏ボードを2重に貼る所は通常のサイズより大きくなります。

 


私はCADが出来ない旧人類ですのでいつも手書きです。

 

タイルの厚みを調べていてふと思いました。「タイルの在庫だいじょうぶかな?」今回は輸入タイルが多いです。輸入タイルは在庫切れがよく発生しますので前もって押さえておかないと後で非常に困ります。

売り切れだ!

他のタイルも電話で確認したら在庫なし!これはまずい。他も早く予約しないと!急いでインテリアコーディネーターさんに電話して、売り切れタイルを再検討依頼。他の決まっていない物も早く決めないとまずいなあ。今日は予定が狂いタイルの予約で終わってしまいました。

おしまい。